ワカメは美容にいいということ         

ワカメ 美容 いい

ワカメは美容にいいということ

皆さんは、ワカメが美容に良いことを知っていますか?
ワカメには、約80%のアルギン酸といわれる水溶性食物繊維が含まれており、残りの20%はセルロースといわれる不溶性食物繊維が含まれています。 水溶性食物繊維がこんなに多く含まれている食材はなかなかありません。
水溶性食物繊維は、腸内で水に溶け毒素を包み体外へ排出する効果があるので、腸内美化にはとても強い味方なのです。
この他にも、代謝アップには欠かす事のできないビタミンB群やミネラル、抗酸化作用の高いビタミンA、ビタミンCも含まれていますし、海藻特有の成分であるフコキサンチンやフコインダなども含まれているようです。 なのでワカメはとても優秀な美肌食材と言えるでしょう。

ワカメは、味噌汁の具としてよく使われていると思います。またワカメは1年中食べることが出来る食材でもあります。

では、ワカメはどのような良い効果があるのかを見ていきましょう。 ◦プリプリの肌になる
海藻特有の成分であるフコキサンチンは、コラーゲンを分解してしまう酵素であるコラゲナーレの活発を阻害する効果があるようです。 他にも、ヒアルロン酸を噴回する酵素であるヒアルロニダーゼやエラスチンを分解する酵素であるエラスターゼの活発も阻害する効果があると言われていて、フコキサンチンはプリプリの肌を作るための土台をも守ってくれているのです。 また真皮層に存在するコラーゲンの生みの親である繊維芽細胞におけるコラーゲンの生成を促進させる効果もあるようです。

◦シミ予防
フコキサンチンは、シミからお肌を守ってくれる効果があります。 またメラニンを生成してくれるチロシナーゼの働きを阻害してメラニンの生成を抑制してくれます。 また色素沈着も防いでくれる働きがあるようなので、紫外線が強い季節には積極的に食べるといいでしょう。

◦ニキビ肌を綺麗にする
ニキビとは、皮膚に常在するアクネ菌が増えていくことで起こる炎症です。 アクネ菌というのは、皮脂を餌にして増えていきます。 なのでワカメを食べると、水溶性食物繊維で美腸を作りながら、皮脂のバランスを整えてくれるのでニキビの出来やすい肌から出来づらい肌に変わっていきます。

◦脂肪を撃退する
ワカメに含まれているアルギン酸と脂肪を一緒に食べることで、体重の増加を抑えてくれることがわかっています。 アルギン酸が腸の中で脂肪とくっつき体外に排出してくれるので、脂肪の吸収率が下がるのです。

◦髪の毛が綺麗になる
ワカメにはミネラルが豊富に含まれているので、髪の毛を綺麗にする働きがあり、ツヤがある髪の毛になると言われています。 髪の毛を生やす効果があるとよく言われていますが、それよりも髪を丈夫にする効果が期待できると考えられています。 髪の毛の成分は主にタンパク質ですが、健康な髪の毛を作り出すためにはミネラルなどの栄養素が必要になります。ですが、ミネラルだけを摂取していてもタンパク質が不足していると意味がないので、ミネラルとタンパク質をバランスよく摂取することが大切です。 なので髪が傷んだなと思った人は、積極的にワカメを食べてみてはどうでしょうか。

◦便秘解消
便秘解消にとても効果がある食べ物として、ワカメが有名ですが、それはワカメに食物繊維が豊富に含まれているからです。不溶性食物繊維は、水に溶けないので大腸まで運ばれ、大腸にある便の量を増やして体調の働きを促してくれます。 逆に水溶性食物繊維は、水に溶けるので腸を通る時の水分に溶け込みながら腸にある水分を吸収してゲル化するのです。 食物繊維は、体にとって必要のない物を吸収して便と一緒に体外に排出されるのです。 また水溶性食物繊維は、硬くなった便を柔らかくしてくれる働きがあるのです。 ワカメに含まれている、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維は便秘解消にはとても役立つ食べ物なのです。 また便利が解消出来れば、肌の調子も良くなります。

ワカメにはこのようにさまざまな効果がありました。

ですが、食べていればいいという物でもありません。しっかり効果が出るように効果的な食べ方を覚えて、食べるようにしましょう。
◦油を使う
ワカメに含まれている葉酸やカロチンは、油を一緒に食べることで吸収率をアップさせることが出来ます。 葉酸やビタミンAの効果をより良くしたい時には、ワカメ料理にごま油やオリーブオイルを使うといいそうです。 味噌汁にオリーブオイルを数滴垂らすだけでも効果があると言われています。

◦酢と食べる
酢をワカメにかけると、ワカメに含まれている食物繊維が柔らかくなり、食物繊維の効果を上げてくれます。 このようにして食べると、効果的に食べられるようです。 またワカメを食べる時には、水洗いをしすぎたり、水で戻しすぎないことが大切です。 何故かと言うと、ワカメに含まれているアルギン酸は水溶性食物繊維なので、水に触れる時間が長いと、アルギン酸が流れ出してしまうのです。 なので必要以上に水に触れさせないようにしてください。

またよいワカメを食べることが大切です。 ワカメは鮮度が落ちやすいのです。そして鮮度が落ちてしまうと、栄養が失われてしまいます。なので乾燥のワカメや素干しのワカメを食べるといいでしょう。 もし生ワカメを買う時には、ハリやツヤがあるものを選ぶようにしましょう。黒ずんでいる物は鮮度が落ちている証拠なので、やめてください。そして生ワカメは長期の保存が出来ないので、早めに食べて下さい。 さまざまな効果があったので気になる人は、是非食べてみてはどうでしょうか。
Stacks Image 804